第627回 エクセルの関数を使いこなす

今回も、小野眸さんをゲストにお招きし、小野さんのご著書、「その作業、もっと効率よくできます!Excel時短仕事術」の内容についてお伺いしていきます。今回は、Excelの関数の使いこなし方についてお伺いします。

小野さんによれば、Excelの関数の中で最も使われているものは、SUM関数ではないかということです。SUM関数とは、指定したセルの範囲の合計を計算してくれる関数のことです。このExcelの関数とは、あらかじめ用意された自動計算機能のことと考えるとよいということです。そして、SUM関数は、指定した範囲の数値を合計してくれるわけですが、AVERAGE関数では、指定した範囲の数値の平均を計算してくれるということです。

この関数については、どれくらいの数の関数を覚えればよいかという質問が多いそうですが、それは、Excelをどのようなことに使っているかによって変わってくるそうです。したがって、単に、お金の出入りを管理するためだけにExcelを使っているのであれば、SUM関数だけを覚えればよいそうです。

この続きは番組をお聴きください。





第626回 ショートカットとフィルター

今回も、小野眸さんをゲストにお招きし、小野さんのご著書、「その作業、もっと効率よくできます!Excel時短仕事術」の内容についてお伺いしていきます。今回は、Excelのルーティンワークの効率化についてお伺いします。

小野さんによれば、Excelの操作を効率化する機能に、ショートカット機能があるそうです。ショートカット機能とは、CTR(コントロール)キーと、あるアルファベット(または、記号)キーのふたつを同時に押すことで、本来は、メニューから選んで行う操作を、ひとつの操作で行うことができるようになる機能です。したがって、ショートカット機能をたくさん知っていれば、それだけ操作も効率化するそうです。そして、ショートカット機能の代表的なものには、コピー機能と、ペースト機能があります。

この続きは番組をお聴きください。